旬のものを食べる

公開日: : 最終更新日:2014/03/23 食事 ,

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は
その季節に食べるのがもちろん最も良いです。

植物には、身体の機能を整えてくれる作用があります。その季節に応じて、夏
の野菜や果物は身体をほど良く冷ましてくれたり、冬できる野菜や果物は暖め
てくれたりする作用があります。

旬の食べ物は身体に良いだけではなく、美味しく、安いと良いことが多いです。
旬のものでない野菜は、ビニールハウスで育ったものであったり輸入物です。
それらが必ずしも良くないというわけではありませんが、やはりその季節の一
番旬のものには敵わないでしょう。人間にとっても作物にとっても自然の流れ
に反しますし、コストもかかります。

季節によっては食べる品種が偏りやすくなることもありますが、無理をして別
のものを混ぜる必要もないでしょう。魚介類などを食べる場合も、その季節で
一番美味しいものを食べるようにしましょう。

また、野菜の質についても見直しが求められています。化学肥料によって土地
が痩せ、ここ数十年で野菜に含まれる栄養価が下がっているといわれています。
野菜本来の生命力を活かす自然農法で育てられた旬のものを選ぶことで栄養価
の高い野菜を食べることができるでしょう。

自然農法の農家から産地直送で送ってもらうと自然と旬のものが中心になりま
す。

Sponsored ads

関連記事

no image

食後だけは果物を食べない

果物は正しく吸収されたときには、 体内で非常に良い働きをすることは先日述べた通りです。 ただ

記事を読む

no image

身体はアルカリ性に

人の身体はpH値7.365、弱アルカリ性に保たれようとします。身体がこ の数字を保つために機能しよ

記事を読む

no image

人間は肉食動物ではない

栄養素となる原料の全ては植物の中に存在しています。動物は、アミノ酸を植 物から取り入れることができ

記事を読む

no image

マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人 はいますが、これは間違いで

記事を読む

no image

よく噛む

食事をするときはよく噛んで食べましょう。よく言われていることではありま すが、これは面倒かもしれま

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑