マーガリン・ショートニングは避ける

公開日: : 最終更新日:2014/03/21 食事 , ,

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人
はいますが、これは間違いです。

マーガリンには、トランス脂肪酸という油が多く使われています。トランス脂
肪酸は植物油に対し、ヘキサンという化学溶剤を入れて煮ることで製造します。
ヘキサンは灯油やガソリンに多く含まれるメタン系炭化水素で、液体の油であ
る不飽和脂肪酸に添加することによって結合してトランス脂肪酸に変化します。
トランス脂肪酸は、酸化してしまってはいるが成分的には安定しメーカーにとっ
ては扱いやすい油でしょう。

しかし善玉コレステロールを減少させ悪玉コレステロールを増やし、アルツハ
イマーやパーキンソン病などを引き起こす原因となるといわれています。また、
動脈壁や肝臓・脾臓・腸・腎臓・胆のうなどを傷つけて内臓機能を低下させ、
心臓疾患やアレルギーなど様々な健康被害を引き起こすとして問題になってい
ます。

さらに、マーガリンは植物油にも関わらず固まっています。マーガリンはトラ
ンス脂肪酸を含んだ油にさらに水素を添加し、不飽和脂肪酸を飽和脂肪酸に人
工的に変化させたものです。元々油は酸化しやすい食物ですが、人工的にこれ
以上ないほど酸化させてできたものがマーガリンといって良いでしょう。

また、ショートニングという油も同程度のトランス脂肪酸を含んでいます。ショ
ートニングは、マーガリンから水分と添加物を除いて作られる油脂で、安価な
パンや菓子・ケーキ・揚げ物などに使われています。

欧米ではトランス脂肪酸の含有量表示が義務づけられ、一定量以上のトランス
脂肪酸を含む食品は販売禁止されています。しかし日本ではそういった規制が
ない現状です。

油はなるべくオリーブオイル・グレープシードオイル・ごま油・キャノーラ油
などで代用すると良いでしょう。理想は圧搾法で搾り出したものです。

また、市販の食品を購入する際にもマーガリン・ショートニングを避ける習慣
をつけましょう。

Sponsored ads

関連記事

no image

白米よりも胚芽米、胚芽米よりも玄米

米は稲の種のことですが、実った状態ではもみ殻に包まれています。このもみ 殻を外したものが玄米です。

記事を読む

no image

人間は肉食動物ではない

栄養素となる原料の全ては植物の中に存在しています。動物は、アミノ酸を植 物から取り入れることができ

記事を読む

no image

酵素のはたらき

動物にも植物にも、生き物には必ず酵素が含まれています。酵素というのは生 物の細胞内で作られるたんぱ

記事を読む

no image

断食

現代先進国の社会の中では、栄養失調で病気になるよりも栄養過多で病気にな る方が遥かに多いのです。そ

記事を読む

no image

旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は その季節に食べるのがもちろ

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑