脂より油、特に植物油

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 食事 ,

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ
うに摂る油の性質が量以上に大切となります。

まず、常温で個体のものは「脂」「脂肪」と呼び、液体のものは「油」「脂肪
油」と呼び分けられています。

もちろん腸や血液のためには脂ではなく油、特に植物油(オリーブオイル・グ
レープシードオイル・キャノーラ(菜種)油・ごま油など)の方が望ましいで
す。常温で固体の脂は体内に入っても脂で、固まってしまいます。

また、植物性の油であっても、人工的に抽出した油は摂りすぎないようにしま
しょう。そして大豆やゴマ・オリーブ・ナッツ類など、脂肪分を含んだ食べ物
を食べることで良質な油を吸収することはできます。

植物油以外では、魚の脂は良い成分を含んでいます。肉の脂も少量でしたら良
いですが、過剰摂取がもたらす害は現代の日本人の食生活の中でも深刻なもの
になっています。摂り過ぎないようにしましょう。

ところで天ぷらなどは代表的な日本食ですが、元々日本には油を使った料理は
なく、日本人が日常的に揚げ物を食べるようになったのは江戸時代の後半から
だったようです。数千年前からオリーブオイルなどを使った料理をしていた欧
米人と比べると日本人の膵臓の機能は弱いようです。

牛や豚などの脂より魚の脂、魚の脂より植物油、植物油の中でも圧搾法や油を
含んだ食べ物を直接食べることが望ましいようです。

Sponsored ads

関連記事

no image

食べ物の消化

口から食べた食べ物は食道を通り、まず胃の中で消化されます。 胃は入ってきた食べ物の性質によって砕い

記事を読む

フルーツ

朝は果物以外食べない

体内のサイクルについて読んで、 一体朝食はいつ食べるのか疑問に思われた方もいらっしゃるのではないで

記事を読む

no image

フレッシュジュースは最高の飲み物

最も良い形で水分と栄養素、そして酵素を手に入れる方法の一つは ジュースを飲むことです。 ジュ

記事を読む

no image

塩も自然のものを

塩の摂り過ぎについて神経質になっている方もいらっしゃると思います。もち ろん塩分の過剰摂取は身体に

記事を読む

no image

身体はアルカリ性に

人の身体はpH値7.365、弱アルカリ性に保たれようとします。身体がこ の数字を保つために機能しよ

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑