白米よりも胚芽米、胚芽米よりも玄米

公開日: : 最終更新日:2014/03/13 食事 ,

米は稲の種のことですが、実った状態ではもみ殻に包まれています。このもみ
殻を外したものが玄米です。そして玄米から果皮・種皮・糊粉層の「ぬか」と
いわれるものを取り除いたものが「胚芽米」です。そしてさらに胚芽米の胚芽
を取り除き、胚乳だけ残したものが白米です。

米の栄養分はほとんどがぬかと胚芽、特に胚芽に含まれています。それらが取
り除かれた白米の栄養素は、玄米の4分の1程度になります。植物の種は、環
境が整ったときに発芽できるように酵素と栄養素を備えておりまさに生命力を
持っているのですが、白米にはその生命力が残っていません。

白米は色がきれいで柔らかく甘味も強く食べやすいのが特徴ですが、生きた栄
養素はほとんど残っていない食べ物です。残っているのはほとんどが炭水化物
で、カロリーだけ高く血糖値や中性脂肪値が上がりやすいです。

さらに、白米は外皮を剥いているだけあって、保存のときも酸化が進みやすく
痛みやすいという欠点もあります。

玄米は最初は食べにくいという方もいらっしゃるかとは思いますが、次第に慣
れる方がほとんどです。噛みごたえがあって美味しく、栄養価が高く腹持ちが
良いので玄米を選ぶ方は増えつつあります。個人差はありますが、白米の7~
8割の量でも満腹感を感じる方が多いのでダイエットにも適しています。

できるだけ玄米、精米する場合でも胚芽米にとどめて食べるようにするのが良
いです。また、精製されていない穀類が良いのは、麦も同じです。パンやうど
ん・パスタなどを食べるときは全粒小麦を使ったものを選びましょう。そして
同じことが野菜にもいえ、多くの野菜は皮を剥かずに調理して食べると良いで
す。

Sponsored ads

関連記事

no image

農薬

農薬についても徐々に注目が集まりつつあります。農作物に虫がつかないよう に撒かれる農薬は自然のサイ

記事を読む

no image

食後だけは果物を食べない

果物は正しく吸収されたときには、 体内で非常に良い働きをすることは先日述べた通りです。 ただ

記事を読む

no image

食品添加物

食品添加物に対する認識は徐々に上がってきてはいますが、その摂取量は衰え ないようです。平均的な日本

記事を読む

no image

白砂糖は控える

砂糖は人類の食生活の中で頻繁に登場する存在ですが「砂糖」といっても様々 な種類があります。また、そ

記事を読む

no image

牛乳は身体に良いのか

戦後から牛乳が身体に良いと信じ飲みだした日本人。牛の乳を人間が飲むこと は本当に良いことなのでしょ

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑