動物の脂

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 食事

豚・牛・鳥・魚・羊・猪・鴨、他にもいろいろとありますが人間は実に様々な
動物を食べています。そういった動物の肉ですが、身体の中に入るとどのよう
になるのでしょうか。

動物に含まれるたんぱく質は、人間な身体にとって必須なものではありません
が、胃腸でアミノ酸に分解・吸収され血や肉の元となります。そしてたんぱく
質の摂取量が必要量以下の場合は植物性の食べ物から摂れるアミノ酸で補えま
す。しかし逆に過剰摂取してしまうと消化・吸収しきれず腸内で腐敗し、様々
な毒素を作り出してしまいます。

そして現代の日本人のほとんどはたんぱく質を過剰摂取しています。特に肉・
魚・卵・乳製品などの動物食には食物繊維が含まれていないため単独では便の
排出ができず便が滞留し、便秘をはじめ様々な病気の原因となります。

ただし、同じ動物性たんぱくでも、動物によって腸内への影響は変わってきま
す。牛や豚の体温は38.5~40℃、鶏はさらに高い41.5℃です。人間
より体温が高い動物の脂が人間の体内に入ると、非常に固まりやすい状態とな
ります。

一方魚などの魚介類は変温動物なので体温は水温に左右されます。通常の状態
であれば人間より遥かに低い体温なので、その脂が人間の体内に入ってもサラ
サラの状態になり、固まることもありません。肉を料理した後のフライパンに
は白く固まった脂が残りますが、魚の脂は固まらず液体のままであることもわ
かりやすい違いといえます。

さらに脂質・カロリーが少ない上に、DHA・EPA・リノール酸・αリノレ
ン酸・アラキドン酸などの良質な脂、不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

魚の脂が血液をサラサラにしコレステロールを下げるといわれているのはこの
ためです。外食が多くなかなか肉を減らすことができないという方もいらっしゃ
るとは思いますが、代わりに魚を食べることでかなり実践しやすくなるのでは
ないでしょうか。

Sponsored ads

関連記事

no image

腸の汚れが病気を招く

消化のプロセスでお話しましたが、食べ物の栄養は腸で吸収され血液とリンパ 液を通して各細胞に届けられ

記事を読む

no image

たんぱく質とアミノ酸

野菜中心の食生活を意識すると、たんぱく質の摂取について心配している方も いらっしゃるとは思いますが

記事を読む

no image

生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま す。身体のためには食べなく

記事を読む

no image

腹8分目

昔から腹8分目が身体に良いと言われていますが、これも身体に余計な負担を かけないためです。やや少食

記事を読む

no image

白米よりも胚芽米、胚芽米よりも玄米

米は稲の種のことですが、実った状態ではもみ殻に包まれています。このもみ 殻を外したものが玄米です。

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑