野菜の食べ方

公開日: : 最終更新日:2014/03/01 食事 , ,

野菜をたくさん食べるとして、どのように調理して食べるのが良いのかは専門
家の間でも意見が分かれるところのようです。

栄養学的には、栄養素がそのまま摂れ、水分量が多く酵素も死なずに体内に取
り込める生の野菜が好まれます。一方マクロビオティックなどの陰陽では、陽
性になり身体を冷やさない火を通した野菜が好まれます。

生の野菜の方が水分が多く酵素のはたらきも活発で、身体の浄化力は高いです。
火を通すと多くの量の野菜を食べやすく、様々なバリエーションも楽しむこと
ができます。また、生野菜の方が穏やかな気持ちになりやすく、火を通した野
菜の方が力は出やすくなるようです。

迷った場合は生で食べることをお薦めしますが、どちらがより良いかは性別や
年齢・生活環境・遺伝子などにより個人差があると思います。酵素を多く摂取
したい場合は生で、身体の冷えが気になる場合は温野菜など火を通して食べる
と良いでしょう。

片方の調理法で食べて身体の変化を感じ取ったり、両方食べてみたりしながら
自分に合ったバランスを探しても良いです。どのような配分であれ、無理をし
ない範囲で食べることが大事です。

そしていずれにしても、作ることが非常に楽な上に驚異的に改善する方が多い
食習慣です。

Sponsored ads

関連記事

no image

白砂糖は控える

砂糖は人類の食生活の中で頻繁に登場する存在ですが「砂糖」といっても様々 な種類があります。また、そ

記事を読む

no image

農薬

農薬についても徐々に注目が集まりつつあります。農作物に虫がつかないよう に撒かれる農薬は自然のサイ

記事を読む

no image

食品添加物

食品添加物に対する認識は徐々に上がってきてはいますが、その摂取量は衰え ないようです。平均的な日本

記事を読む

no image

腸の汚れが病気を招く

消化のプロセスでお話しましたが、食べ物の栄養は腸で吸収され血液とリンパ 液を通して各細胞に届けられ

記事を読む

no image

人間は肉食動物ではない

栄養素となる原料の全ては植物の中に存在しています。動物は、アミノ酸を植 物から取り入れることができ

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑