野菜を主食に

公開日: : 最終更新日:2014/02/21 食事 , ,

体内のサイクルに合わせて消化の負荷を減らし、同時に必要な栄養素・酵素を
たっぷりと取りお腹いっぱいになるまで食べても余計なカロリーを摂取しない
食事のコツ。それが野菜を主食にするということです。

肉を減らしたり牛乳・乳製品・加工食品を避けたり、いろいろと食事制限があ
るとなると多くの方がどこか寂しい気持ちになったり続ける自信がなくなった
りするのではないでしょうか。普段口にしていたもの。我慢することを意識す
るとやはり辛くなるものです。しかし逆に、身体に良いものをたくさん食べる
ことを意識すると実践が楽になります。

逆に言えば、肉や乳製品・甘いもの・揚げ物など多少食べても問題はありませ
ん。全てを我慢することは難しいでしょう。ただし食事の最初にたっぷりの野
菜を食べておくと良いです。栄養素が摂れ消化も遥かに楽になりますし、生命
力のある野菜は意外と満腹感も得られます。

野菜であれば、昼も夜もお腹いっぱいになるまで食べても大丈夫です。どう調
理するか迷った場合は生で食べるのが良いでしょう。できれば旬のものを中心
に。

補助的に、穀類・麺類・パンなど炭水化物か、魚介類・肉類などたんぱく質の
どちらかを食べるという組み合わせが良いです。穀類は、なるべく玄米や全粒
粉のものにすると良いでしょう。栄養素がずっと高く、腹持ちが良いです。

ただし、女性の方は鉄分が不足がちになる方が稀にいます。そういった方はき
くらげ・パセリ・大根の葉・小松菜・サラダ菜・ほうれん草などを意識して取
り入れるとバランスが良くなります。

Sponsored ads

関連記事

no image

白砂糖は控える

砂糖は人類の食生活の中で頻繁に登場する存在ですが「砂糖」といっても様々 な種類があります。また、そ

記事を読む

no image

酵素のはたらき

動物にも植物にも、生き物には必ず酵素が含まれています。酵素というのは生 物の細胞内で作られるたんぱ

記事を読む

no image

消化のプロセス

我々の身体は、毎日の食事や水・空気など、 身体に入ってくる様々な物質を元にして生命を維持し活動して

記事を読む

no image

たんぱく質とアミノ酸

野菜中心の食生活を意識すると、たんぱく質の摂取について心配している方も いらっしゃるとは思いますが

記事を読む

no image

白米よりも胚芽米、胚芽米よりも玄米

米は稲の種のことですが、実った状態ではもみ殻に包まれています。このもみ 殻を外したものが玄米です。

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑