腹8分目

公開日: : 最終更新日:2014/02/13 食事

昔から腹8分目が身体に良いと言われていますが、これも身体に余計な負担を
かけないためです。やや少食な生活を送っていると、食べたものをしっかり消
化・吸収し、効率よくエネルギーを生み出すことができます。

現代は過食の時代ともいわれ、栄養が少なく高カロリーな食品を食べることに
よって、満腹感を感じないまま食べ過ぎてしまうパターンに陥りがちです。脂
肪やたんぱく質の過剰摂取や、加工食品やジャンクフードが肥満をはじめ様々
な障害の原因となっています。これらによって、栄養を吸収しづらい身体をつ
くることになり、食べてもなかなか満足感を得られないという悪循環につなが
ってしまいます。

逆に、野菜など低カロリーであっても栄養価が豊富な生きた食べ物をたっぷり
食べていると、意外と空腹感は感じません。肉や魚・米などを食べる量を減ら
すと考えると大変そうに感じてしまうかもしれませんが、野菜をまずたっぷり
食べてそれを少し補う程度に他の食品を食べると、結果的に楽に調整できるよ
うになります。これが腹8分目を実践するコツの一つになります。

その他のコツとしては、先日述べた「よく噛む」ということ。これにより、ほ
ど良く血糖値が上がり、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防ぎやすくなります。

また、一回の食事は少ない量に抑えておき、お腹がすいたら一日3食という習
慣にこだわらず間食を食べても良いでしょう。ただしその際食べるのは、果物
か生ナッツにし、食事から数時間が経過し胃がからになっている状態のみにし
ましょう。

「また食べることができる」という気持ちで食事をすることで、一回の食事の
量が少なくても我慢しやすくなりますし、果物や生のナッツであれば身体への
負担も少なくて済みます。

Sponsored ads

関連記事

no image

農薬

農薬についても徐々に注目が集まりつつあります。農作物に虫がつかないよう に撒かれる農薬は自然のサイ

記事を読む

no image

身体はアルカリ性に

人の身体はpH値7.365、弱アルカリ性に保たれようとします。身体がこ の数字を保つために機能しよ

記事を読む

no image

塩も自然のものを

塩の摂り過ぎについて神経質になっている方もいらっしゃると思います。もち ろん塩分の過剰摂取は身体に

記事を読む

no image

食後だけは果物を食べない

果物は正しく吸収されたときには、 体内で非常に良い働きをすることは先日述べた通りです。 ただ

記事を読む

no image

牛乳は身体に良いのか

戦後から牛乳が身体に良いと信じ飲みだした日本人。牛の乳を人間が飲むこと は本当に良いことなのでしょ

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑