よく噛む

公開日: : 最終更新日:2014/02/11 食事

食事をするときはよく噛んで食べましょう。よく言われていることではありま
すが、これは面倒かもしれませんがとても身体に良い働きをしてくれます。

流動的になるまで噛んでいるうちに、喉を動かさずとも胃の中に入ってしまっ
たというぐらいが理想的です。噛めば噛むほど唾液の分泌が活発になり、胃液
や胆汁などと混ざりやすくなり、消化が楽になります。

食べ物は、大きな塊のままでは腸壁で吸収できません。吸収できないとどうな
るかというと、腸内で腐敗し毒素が生まれ、その毒素の中和に大きなエネルギ
ーを必要とし体内の栄養を消費してしまいます。

その後結局その食べ物は消化不良で栄養が吸収されないまま排泄されることに
なります。つまり極端な場合はせっかく食べた食べ物が身体に毒素を生み出し
浪費させるだけという結果を生み出し兼ねません。

逆に、よく噛むことによって、食べている間に血糖値が上がり満腹中枢が刺激
され、食欲が抑制されます。胃の負担が減ると同時に消化と吸収に使うエネル
ギーが減り、身体の各機能を高いレベルで維持できるようになり、日常生活に
使えるエネルギーが上がります。抵抗力と免疫力も上がります。

よく噛むことは健康の面でも、さらにダイエットのためにも良く、経済的にも
環境にも無駄がなくなることにつながります。

腸を通った後の排泄物も無駄が少なく体内を汚さないので、なるべく一口あた
り20~30回、できれば50回は噛んで食事を楽しんでみてはいかがでしょ
うか。

Sponsored ads

関連記事

no image

旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は その季節に食べるのがもちろ

記事を読む

no image

白米よりも胚芽米、胚芽米よりも玄米

米は稲の種のことですが、実った状態ではもみ殻に包まれています。このもみ 殻を外したものが玄米です。

記事を読む

no image

身体はアルカリ性に

人の身体はpH値7.365、弱アルカリ性に保たれようとします。身体がこ の数字を保つために機能しよ

記事を読む

no image

日本人はベジタリアンか

意外に思われる方も多いとは思いますが、江戸時代までの日本人はほぼベジタ リアンな生活だったようです

記事を読む

no image

塩も自然のものを

塩の摂り過ぎについて神経質になっている方もいらっしゃると思います。もち ろん塩分の過剰摂取は身体に

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑