牛乳は身体に良いのか

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 , 食事 , ,

戦後から牛乳が身体に良いと信じ飲みだした日本人。牛の乳を人間が飲むこと
は本当に良いことなのでしょうか。

牛乳は、子牛にとっては健康食品になりますが、人間の胃にとっては非常に消
化しにくいものです。

牛乳には母乳の約3倍のたんぱく質が含まれていますが、その約87%はカゼ
インです。カゼインは粘着力の強いたんぱく質で、強力な発がん性物質でもあ
ります。その粘着力のため木工用の接着剤にも用いられていますが人体に入る
と胃や腸に粘膜を張ってしまい、栄養の吸収を妨げます。ちなみに母乳のたん
ぱく質の主成分はアルブミンといい、非常に柔らかく消化しやすいものです。

栄養の吸収ができないと、食べすぎや肥満・貧血・疲労感・無気力感など多く
の問題を引き起こす可能性があります。また、脂肪分も多く、消化しづらいこ
とは身体の排泄機能に大きな負担がかかります。骨粗鬆症に至っても牛乳を飲
む国の方が圧倒的に発症率が高いという調査結果が出ています。

そもそも、人間は乳糖を分解する酵素「ラクターゼ」を十分な量持っている人
が非常に少ないようです。赤ちゃんのころにはほとんどの人が持っていますが
年を重ねるごとに減っていき、日本人の成人の約85%が、ラクターゼを十分
に持たない乳糖不耐症であるといわれています。

ここまでお読みになって、牛乳だけは身体に良いと思うという方もいらっしゃ
るとは思いますが、あまりに多くの研究や調査が牛乳摂取の障害を裏づけ続け
ています。

もちろん個人の体質にもよりますし、牛乳が大丈夫という方もいるかもしれま
せんが、身体のためにと信じて飲むほどのものではないようです。ほとんどの
方にとっては飲まない方が無難なのではないでしょうか。

Sponsored ads

関連記事

no image

工場で作られた野菜ジュースの現実

生のフレッシュジュースに対し、 工場でつくられて缶やボトルに入れられて売っているジュースは全く違う

記事を読む

no image

日本人はベジタリアンか

意外に思われる方も多いとは思いますが、江戸時代までの日本人はほぼベジタ リアンな生活だったようです

記事を読む

no image

野菜を主食に

体内のサイクルに合わせて消化の負荷を減らし、同時に必要な栄養素・酵素を たっぷりと取りお腹いっぱい

記事を読む

no image

食後だけは果物を食べない

果物は正しく吸収されたときには、 体内で非常に良い働きをすることは先日述べた通りです。 ただ

記事を読む

no image

消化のプロセス

我々の身体は、毎日の食事や水・空気など、 身体に入ってくる様々な物質を元にして生命を維持し活動して

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑