食後だけは果物を食べない

公開日: : 最終更新日:2014/01/28 食事 , , ,

果物は正しく吸収されたときには、
体内で非常に良い働きをすることは先日述べた通りです。

ただし、食後など胃の中に食べ物が残っている間に果物を食べてしまうと、
果物は胃の中で消化待ちになってしまい
その間に発酵してしまいます。

発酵した果物は酸へ変わり、
他の食べ物や消化液を腐敗させてしまったり発酵させてしまったりします。
この酸は消化不良や胸焼けなどの原因になってしまう可能性があります。

食後の数時間だけは果物を食べるのを控えると良いでしょう。
また、果物と同時に他の食べ物を一緒に食べたときも同様です。
他のどんな食べ物とも一緒には食べずに果物のみで食べ、
胃を通過するまでの20~30分は食事を控えておきましょう。
果物の価値は、胃が空の状態で食べたときに発揮されます。

また、さらに良い果物の選び方としては、
新鮮なもの・熟したもの・そして国内で育つ旬の果物が良いでしょう。

Sponsored ads

関連記事

フルーツ

朝は果物以外食べない

体内のサイクルについて読んで、 一体朝食はいつ食べるのか疑問に思われた方もいらっしゃるのではないで

記事を読む

no image

人間は肉食動物ではない

栄養素となる原料の全ては植物の中に存在しています。動物は、アミノ酸を植 物から取り入れることができ

記事を読む

no image

牛乳は身体に良いのか

戦後から牛乳が身体に良いと信じ飲みだした日本人。牛の乳を人間が飲むこと は本当に良いことなのでしょ

記事を読む

no image

腸の汚れが病気を招く

消化のプロセスでお話しましたが、食べ物の栄養は腸で吸収され血液とリンパ 液を通して各細胞に届けられ

記事を読む

no image

食品添加物

食品添加物に対する認識は徐々に上がってきてはいますが、その摂取量は衰え ないようです。平均的な日本

記事を読む

Sponsored ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored ads

no image
カロリー計算

カロリー計算を基にしたダイエットや食事法が多く出回っています。

no image
旬のものを食べる

季節によってできる野菜や果物は異なってきますが、その季節にできる野菜は

no image
マーガリン・ショートニングは避ける

動物性脂肪のバターより植物性のマーガリンの方が身体に良いと信じている人

no image
脂より油、特に植物油

油分の摂取量を気にされている方も多いとは思いますが、既に何度か述べたよ

no image
生のナッツ

腹8分目の食事を心がけていると、どうしても合間にお腹がすくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑